臨床工学技士の仕事内容

臨床工学技士の業務内容には、血液浄化療法業務や手術室業務、集中治療室業務や呼吸療法業務、高気圧酸素療法業務といった大切な業務がたくさんあります。勤務先によって業務内容が異なり、総合病院では全ての業務を担当することが多いです。また透析専門クリニックでは、血液浄化療法業務や医療機器管理業務がメインとなります。

臨床工学技士に向いている人の特徴

医者

機械類を扱うのが好きな人

臨床工学技士は色々な医療機器を扱うため、自分でマニュアルを見ながら稼働させたり修理したりします。そのため、機械に興味があって操作することが好きな人であるほど、より知識が深まっていきます。また現代は医療技術の進歩が速いため、新しい技術に関心が高く積極的に取り入れる人の方が向いているでしょう。

コミュニケーション能力がある人

臨床工学技士は機械類を扱うのが主な仕事ですが、医師・看護師・放射線技師など他の職種と連携を行いながらそれぞれの専門性を生かす必要があります。特に臨床工学技士は、他のスタッフに医療機器の使用方法の説明を行う場面が多くなるため、円滑なコミュニケーションをとることが求められます。

人を助けたいという責任感が強い人

臨床工学技士は高度で専門的な医療機器とじっくり向かい合って行く必要があります。場合によっては機械だけ見ていれば良いという気持ちになりがちですが、医療機器の向こうには人がいるということを忘れてはいけません。医療機器を通じて患者の健康を守りたい・命を助けたいという責任感が求められます。

臨床工学技士を目指す人向けの学校

国家資格である臨床工学技士になるためには、養成機関で学んで所定の単位を取得して国家試験受験資格を得なければなりません。養成機関には専門学校・短大・大学があります。また、臨床検査技師・診療放射線技師・看護師いずれかの養成校を卒業している人であれば、臨床工学技士専門科に1年通うと国家試験の受験資格が得られます。

専門学校選びに関する疑問

医師

大学と専門学校の違いとは?

臨床工学技士の学科がある大学では、4年間かけて専門科目とそれ以外の一般教養を履修して単位を取ります。また、専門学校では3年間で現場と専門科目で通用する人材に育てるための科目に限定した履修をします。つまり、大学では広く社会に通用する人材の育成を目指し、専門学校では即戦力となる人材の育成を目指しているのです。

文系でも専門学校に通うことはできますか?

臨床工学技士の限らず医療系で必要な知識は理科系の分野が多いかもしれません。しかし、臨床工学技士になりたいという気持ちが強ければ、目標達成のため努力を惜しみません。努力すれば知識や技術は身につくので、文系でも専門学校で学ぶことはできます。

学校に通ってノウハウを身に付ける!臨床工学技士の歩み方

女性

専門学校に通って資格を取得しよう

臨床工学技士として働くためには、国家資格を取得しなければなりません。国家資格を取得するためには、国が指定する養成機関で所定の単位を修める必要があります。養成機関の中には専門学校が含まれます。専門学校には昼間部と夜間部があり、修学年数は前者が3年で後者は4年です。専門学校では効率的なカリキュラムを組んで授業をするため、国家資格が取得しやすくなっています。また、臨床工学技士だけでなく、視能訓練士も同じように国家資格の取得が必要となります。そのため、視能訓練士についての知識や技術などが学べる専門学校へ通いましょう。しかし専門学校といっても全国には数多くあるので、自分に合ったところを見つけることが重要です。まずは、資料請求や体験入学などを利用して通いやすいところを探すとよいでしょう。

人気の高いリンパマッサージスクールを厳選紹介☆

介護福祉士の求人情報がサクサク探せる☆