HOME>コンテンツ>資格を取得して医療現場で活躍しよう【医療事務作業補助の仕事内容】

資格を取得して医療現場で活躍しよう【医療事務作業補助の仕事内容】

勉強道具

医師のサポートをするのがメイン

医師事務作業補助は医師の仕事の事務的な作業をサポートする仕事です。別名では医療秘書や医療クラーク、メディカルアシスタントなどと呼ばれる場合もあります。主な業務内容は、診断書や診療情報提供書の文書作成、診察に必要は検査の予約手配、電子カルテの入力など様々な仕事があります。また、診察時間外でもカンファレンスに必要な書類の準備や、オペなどのスケジュール管理も任される事もあります。時には診察室に医師と一緒に同席して、パソコン操作をする場合もあります。このように医師の事務作業をサポートする事で、医師は患者とのコミュニケーションに集中できて、深い信頼関係を築くことが出来るようになります。そのため、医師事務作業補助は注目されている仕事です。ただし、誰でもなれるわけでなく、医療に関する知識や高い事務処理スキルが必要です。

勉強道具

通信講座で学ぶのが人気

医師事務作業補助になるためには、特別な資格や経験が必要となる事はありません。ただし、仕事内容は医師のサポートとなりますので、医療に関する知識は必須です。また、病院での事務作業ではパソコンを使った業務がほとんどですので、パソコンスキルも重要です。そのため、複数の民間団体が行う認定試験を受験して、資格を取得する人が増えています。資格取得のためにスクールで学ぶ人もいますが、通信講座で学ぶ人の方が多いです。通信講座であれば、仕事をしながらでも勉強が出来ます。また通信講座であってもサポートシステムが充実している場合が多く、医療系初心者でも分かりやすく内容になっています。パソコン業務に関しても、電子カルテシステムの画像やサイトを通して学習出来る場合もあるので、安心して勉強出来ます。